らんと会う(3回目)

2020年3月22日

らんとの出会い
らんと会う(2回目)

3週間ぶりにらんと会いました。

前回はちょっとSな感じのらんと初めてエッチして、

とても印象に残っていたのですごく楽しみでした。

とあるスーパーの駐車場で待ち合わせしました。

この日のらんはワインレッド色のカーディガンを着ていました。

今まではモノトーン調だったので、少し新鮮に感じました。

「今日はなんか女の子っぽいね」 と言うと、

「普段、会社では着れないものを着てみた」 と返ってきました。

車に乗ってもらい、まずは世間話。

最近のマイブームや家族の話をし、そしてパパ活の状況を訊いてみました。

1週間前に40代の単身赴任の方と会ったそうです。

私  「その人とはどこかに行ったの?」

らん 「ホテルのレストランで食事したよ」

私  「いいところに行ったね~」

らん 「おしゃれなところだったよ」

私  「一緒に食事した後は?」

らん 「それで終わりだよ~」

私  「そうなんだ。ホテル誘われたりしなかったの?」

らん 「されなかった。話を聞いてくれる人がほしかったみたい。キャバクラより安いからって笑」

私  「なるほどね~ 次に会う約束はしてるの?」

らん 「ううん、してない」

私  「もし次会った時に、その人が大人の関係を求めてきたらどうする?」

らん 「しないよ~ 40以上の人とはしないね」

シュガーダディ

らんは年齢で区切っているようですね。

そう考えると手厳しいなと思いました。

私はまだ30代だから相手してくれていますが、いずれ40代を迎えます。

年齢は確実に積みあがっていくものですが、いつまでも若々しく見られたい。

女性は常にそう思っていることでしょうが、男性の私も同感です。

やっぱりいつまでもモテたいから。

そのためにバランスの摂れた食事、運動、サプリメント、スキンケアなどは欠かせないですね。

ランチを一緒に食べにいくという話で誘ったので、またラーメンを食べにいきます。

らんは車を持っていないので、車でないと行けないところにします。

選んだお店はとんこつラーメン。

濃厚で油の甘味が口に広がるとろりとしたスープでした。

らんも美味しかったと喜んでくれました。

シュガーダディ

お店を出て車に戻ります。

時刻はまだ11:30。時間はたっぷりあります。

「さて、どうしようか・・・二人きりになれるとこ行く?」 とホテルに誘います。

「うん、行く」 と了承もらえました。

ホテルに着き、部屋を選んでエレベーターに乗ると、

らんから抱きついてきてキスを求めてきました。

うれしいですね。

部屋に入り、ソファに座ってまたキスをします。

積極的ですごくうれしいのですが、

やっぱりさっき食べたとんこつラーメンの風味が残ってるんですよね笑

キスはほどほどにして、シャワーに行こうと促しました。

二人でシャワーを浴び、身体を洗いっこします。

らんの肌は白くてすべすべでいいですね。

ムダ毛の処理もちゃんとしているようです。

シャワーを出て、歯磨きをします。念入りに笑

らんがコップに水を汲んでうがいをしていたので、私も同じようにすると、

「男の人でコップに水を汲んでうがいするの初めて見た」 と言われました。

「たまたまらんちゃんの真似しただけだよ、普段は手で水をすくってやるよ」 と答えます。

結構細かいところまで見ているんだなと思いました。

見ていたとしてもそれを口に出すかどうかはまた別であるので、

らんは思ったことをそのまま言うタイプなのかなと思いました。

ベッドに向かい、布団をかぶった状態でプレイ開始しました。

歯磨きしたあとなので、存分にキスをします笑

らんもキスが好きなようです。

次に首筋を舐めます。

耳まで行くとかなりくすぐったそうにするのですが、

首筋はちょうど良さそうで無防備な横顔を見ながら責めます。

そして見つめ合います。

改めて正面から見ると、やっぱりかわいいなと思います。

サイトの写真だとちょっと眠そうな感じなのですが、

今はぱっちり目が開いていて、小顔ですごくキュートです。

シュガーダディ

そんなかわいい顔を見ながら、あそこの方に手を伸ばします。

もうすっかり濡れていましたね。

やさしくなぞるようにクリを刺激していきます。

ちょっとずつ喘ぎ声が出てきます。

かわいい子が感じている表情を見ると、すごく興奮しますね。

パパ活やっててよかったなと思う瞬間です笑

今度はフェラをお願いしてみました。

「大きいから入らないよ」 と言われてしまいました。

「咥えなくていいから、舐めるだけでいいよ」 と言うと、

「わかった」 と言い、私のあそこを握りペロペロ舐めてくれました。

もちろん咥えてもらった方が気持ちいいのですが、無理強いはできません。

先っぽを舐めてもらうだけでも、くすぐったい感じで気持ちいいです。

何より奉仕してもらっている感があってこの状況に満足しますね。

ただせっかくのかわいい顔が見えないので、

「顔が見えるように裏側を舐めてほしいな」 と言うと、

「そう言うと思った!」 と返ってきました。

なかなか男心のわかるいい子です笑

シュガーダディ

ここで攻守交代です。

今度はこちらがらんのあそこを気持ちよくする番です。

部屋の電気はつけっぱなしだったので、きれいなあそこが丸見えです。

ちょっと恥ずかしそうにしていましたが、構わず脚を広げて、舐めまくります。

無味無臭でいいですね。いつまでも舐めていられます。

指も使って責めていきます。

まずは1本でゆっくり。

少しずつ奥まで入れて、出し入れを繰り返します。

イイ感じで指に愛液が馴染んできたところで、Gスポットを刺激します。

そこから今度はかき回すようにして責めます。

徐々に穴が拡がってきたところで、指を2本にします。

指2本で回転させながら出し入れすると、かなり気持ちよさそうに喘ぎます。

「指2本入っているのわかる?」 と訊くと、「うん、わかる」 との返事。

しばらくその反応を見て楽しみつつ、2本の指と舌で責めます。

乳首も完全に固くなっていました。

らんが 「挿れないの?」 と訊いてきます。

じらしたいので、もうちょっと続けます。

右手が疲れてきたので、今度は左手で同じように責め続けます。

らんから 「ねぇ、挿れてよ」 と催促が来たので、ここでゴムを装着します。

前回、奥は少し痛いと言っていたので、深く入りすぎないよう小刻みにゆっくりと挿入します。

今回もらんはだいしゅきホールドをかけてきました。

これって奥まで入れてほしいサインなんですよね。

「痛くはない?大丈夫?」 と念のため確認すると、「うん、大丈夫」 と返ってきました。

なので、さらに奥に挿入していきました。

温かくて包まれている感がほんとに気持ちいいんですよね。

ホールドかけられているので、大きくは動けないですが、

首筋を舐めたりキスしたりしながら密着状態で腰を振り続けます。

腋を舐めると恥ずかしそうなのが良いです。

密着して動いているとさすがに暑くなってくるので、騎乗位に移りました。

らんは腰を前後に上下に変化をつけて動かしてくれます。

奥まで入っているので気持ちいいですね。

すると、突然らんが私の耳をしゃぶり始めました。

温かくてぬるぬるで、気持ちいいようなくすぐったいような不思議な感覚です。

耳を舐められるのは久しぶりだったので、とてもぞくぞくしました。

こうやって積極的に動いてくれるらんとするのはやっぱり楽しいです。

騎乗位の後は、バック→寝バック→横バックと続き、

最後は正常位でフィニッシュしました。

シュガーダディ

イク時こそだいしゅきホールドしてほしかったのですが、

この瞬間は腕だけでホールドされていました。

たぶん、そうしてほしいって言ったらやってくれそうではあります。

ほとぼりが冷めたところで、シャワーを浴びるためにメガネをかけようとすると、

「あ~メガネはダメダメ」 と言われました。

こんなにエッチしても、やっぱり裸を見られるのは恥ずかしいらしいです。

ホテルを出て、待ち合わせ場所まで送っていきます。

帰りの道中ではコスプレの話になりました。

らんは以前レイヤーだったらしいです。

今はもう辞めているが、衣装はまだ持っているそうです。

でもウィッグはもうないということで、本格的に再現するのは難しそう。

私としてはキャラ物ではなくても、セクシーで着たままヤレるなら

制服でもナース服でもチャイナドレスでもバニーガールでもいいのですけどね。

コスプレに対する抵抗がないようなので、

これはまたらんとのエッチが楽しくなる予感を覚えます。

ちょっと間隔が早いのですが、1週間後にまた会う約束をしてしまいました笑