女性へのメッセージの送り方 その1

2020年2月23日

プロフィールの書き方は以前こちらに書きました。

今回はメッセージの送り方についてです。

シュガーダディに登録し、女性のプロフィールを眺めていると本当にいろんな方がいます。

プロフィールには、年齢や職業、体型、独身/既婚などが記載されており、中には顔写真を公開している方も1/3くらいはいます。

シュガーダディ

自分の好みの女性が見つかったとき、どのようにメッセージを送るのが良いのでしょうか。

私なりの考えをここに記します。

まずはメッセージを送るタイミングについてです。

メッセージの内容については、その2で書きます。

お気に入りの女性を見つけても、私はすぐにメッセージを送ることはしません。

すぐにアプローチをかけたい気持ちに駆られますが、ここはガマンです。

まずは数日間、その人のログイン状況やメッセージ人数を把握します。

シュガーダディではログイン状況として、オンラインかどうか、オフラインになったのはどれくらい前なのか表示される仕様になっています。

それによって、その人のシュガーダディの使用頻度がわかります。

1日に何回もログインしている人であれば、1日に数回やり取りできる可能性がありますし、1日1回程度のログインであれば、2日くらいメッセージが返ってこなくてもそれがその人の通常だと思えるわけです。

このように使用頻度によって、メッセージが返ってくる間隔がおおよそ予測できます。

ある程度予測することで、自分がメッセージを送ってもなかなか既読にならないとか、返信が来ないとか、煩わしく思うことが多少軽減されます。

気持ちのコントロールはなかなか難しいもので、やり取りに焦ってしまうと、会うことを急かしてしまったり、いきなり条件を突き付けてしまったりしがちです。

できるだけ冷静に紳士的な対応をするためにも、最初にその人の返信間隔を予測しておくことは精神衛生上大切なことと私は思います。

シュガーダディ

一方でメッセージ人数はダイヤモンド会員※にならないと表示されないですが、非常に有用な情報です。

※ダイヤモンド会員になるには、年収証明が必要です。

過去何人の男性会員とメッセージのやり取りを行ったかが判るわけですが、その絶対数というより、数日間の伸び具合を把握するのに使います。

例えば、初めてその方を見つけたときのメッセージ人数が50人だったとして、1日後に53人、2日後に57人というように増えているようであれば、ライバルが多いということがわかります。

これでは勝算は低いです。

狙い目としては、基本毎日ログインしているが、メッセージ人数がほとんど増えていない人です。

このような方だと、メッセージを送ったときに返信が来てやり取りが続けられることが多いです。

どうしてもアプローチしたい女性のメッセージ人数が日々伸びているような状況では、

メッセージ人数の伸びがなくなるのを待ちます。

もちろん他のシュガーダディに先に取られてしまう可能性はあるのですが、送るべきタイミングを計ります。

女性側からすると、すでにやり取りする男性がいたとしても、さらに条件の良い男性からアプローチされれば乗り換えたくなるでしょう。

そのときライバルが少なければ、乗り換えてもらえる可能性は高まると思います。

ここまでをまとめると、

 ・相手のログイン頻度から返信の間隔を予測しておく

 ・ライバルが少ないタイミングを計ってメッセージを送る

これがメッセージを送るための準備です。

シュガーダディ