お手当について

パパ活というのは、女性と一緒に過ごすことに対価が発生するものです。

その対価はいくらが妥当なのでしょう?

ネットを調べれば相場が出てきます。

会う内容はもちろん、年齢や地域によっても変わります。

私の場合は、顔合わせ0.5、大人2を基準にしています。

まれに大人1で良いと言ってくれる方もいるので、そういう申し出があった場合は1にしてもらっています。

これが相場の最低額くらいという認識はもっています。

割とこれで納得してくれる方が多いのも事実です。

近年のブームもあって、きっと女性側の供給が過剰で、男性側の需要が高いのでしょう。

大人2というのは風俗よりも割安で女の子と遊べるという金額として設定しています。

時間をそんなに気にせず、オプション料金もいらず、本番まで楽しめるという点が、パパ活のメリットでしょう。

個人対個人なので、風俗よりもビジネスライクではなくなるし、疑似恋愛を楽しむことができます。

金銭のやり取りないセフレの関係が理想という方もいると思います。

しかし、私の考えとしてはセフレになってしまうと、別れづらいというデメリットがあります。

私のようにいろんな女の子と遊びたい人間としては、簡単に別れられる理由がほしいのです。

「今月はちょっと余裕ないんだ」 と言えば会うのを簡単に止められます。

決して女の子が悪いのではなく、あくまで自分の経済力の問題として捉えられることで、女の子を深く傷つけずに済みます。

セフレだと金銭的な理由は別れるための理由になり得ないので、うまく別れるのが難しいです。

モテ男なら上手い理由がつけられそうですが、器用でない私はこれが無難な方法だと思っています。

シュガーダディ

さて、お手当と言えば会う前から交渉してくる女の子もいますが、私の経験上ではこのタイプの方と長く続いたことはないです。

やはり金額以上にお互いの人柄が重要で、そこに納得感があれば金額でさほど揉めることはないです。

ですから会ってみないと交渉はできません。

女の子側もこのような考えを持っている方は当然います。

特に複数の男性と会っている人は、一律に金額を設定するのではなく、その男性の収入に合わせてくれる人が多いです。

定期的に会う関係になるには、お互い無理なく会えることが必要だからと理解しているのでしょう。

他のパパさんはどのように交渉しているのでしょうか。

ぜひ聞いてみたいものです。

シュガーダディ