みかと会う(7回目)

みかと初めて会う
みかと会う(2回目)その1
みかと会う(2回目)その2
みかと会う(3回目)
みかと会う(4回目)
みかと会う(5回目)その1
みかと会う(5回目)その2
みかと会う(6回目)

みか22歳。大学生。

前日にLINEが来ました。

み 「明日くらいに女の子の日にならないか心配です」

あらら、残念ですね。

持て余した私の性欲をどうすればいいのやら。

私 「りょうかい!とりあえず予定通り落ち合おう」

み 「もしそうなったらデートでもしましょ笑」

私 「OK!」

と短い返事を返します。

みかとはデートらしいものをあまりしたことがありません。

ケーキを2回食べにいったくらいでしょうか。

芸術分野に興味がある子なので、美術館とか行くのかなと何となく考えました。

シュガーダディ

そして当日朝、目覚めるとまたLINEが来てました。

み 「結局、ならなかったです笑」

まずはよかったと思いました。

そしてプラトニックなデートの想定から、気分を戦闘モードに変え、奮い立たせます(☆。☆)笑

セックスする気満々なのにできなかったり、逆に全然する気がないのにすることになったりするときは、気分と性欲がマッチせず、不完全燃焼になりがちです。

前もって気持ちの準備ができた方が何かと満足感が高いことを、私は経験的に学んでいます。

シュガーダディ

さて午前10時に駅で待ち合わせしました。

おはようの挨拶をして、さっそく車でホテルへ向かいます。

みかは前日、卒業論文の発表だったらしく、ようやく一息ついたところだと言っていました。

コロナ禍なので自宅からオンラインで発表したようです。

自分の発表の直前に通信トラブルがあって、あたふたしたようです。

「いろいろお疲れさまでした」と労ってあげました。

ホテルへ着き、チェックインを済ませました。

今日はコスプレしてもらいたい気分だったので、一緒にカタログを見ながら選びました。

珍しくチアガールがあったので、それを選びます。

色は青と白でさわやかな感じです。

上はノースリーブで、おへそが出るくらいのサイズ感で、下はもちろんミニスカートです。

フロントに電話して、オーダーしました。

数分後に衣装が届き、早速みかに着てもらいました。

着替え終わったみかがバスルームから出てきました。

「おぉ~いいね!」と言いつつも、下は黒タイツをはいたままでした。

私 「タイツより生足がいいな」

み 「そうなんですか?脱がせるところまでがプレイだと思ってました」

私 「今は脱いでもらった方がいいな」

と言って、タイツを脱いでもらいました。

改めて見ると、細身のみかにはやはりよく似合います。

例のごとく、写真を数枚撮らせてもらいました。

私の秘密フォルダのコレクションがまた増えます笑

シュガーダディ

写真を撮り終わり、「こっちへおいで」と言うと、ソファに座る私の上に跨がってくれました。

セクキャバ(おっぱぶ)と同じスタイルです。

生足をさすりながら、キスをしました。

幸せな楽しい時間です。

生足からお尻の方にスライドし、すべすべのお肌を堪能します。

「こっちも触って(^^)」とみかは自ら胸元をたくしあげて、おっぱいを触らせようとします。

みかはおっぱいを愛撫されるのが好きなのです。

ブラジャーの上から軽く触れ、優しく揉みました。

指をブラジャーの裏側に忍ばせ、乳首を弄くると「あんっ・・・」と色っぽい声が出ます。

そのままみかはブラを自分で外し、私の目の前におっぱいを持ってきてくれました。

相変わらずきれいで形がよいです。

乳首はすでにコリコリしてました。

左の乳首を口に含み、舌先で弄くります。

もう片方の乳首を右手の指で刺激します。

みかは気持ち良い声を出しながら、私の頭を抱え込みました。

この密着感も大好きです(^^)

しばらくソファで楽しんだ後、ベッドに移動しました。

ミニスカの下のパンツに触れると、もう湿ってました。

「びしょびしょになる前に脱ごうか」と言って、パンツを脱がせます。

自分の指を舐めて、その指でみかのあそこに触れようとしたら、触れる前にみかはびくっと身体を震わせました。

私 「まだ触ってないのに感じちゃった?笑」

み 「そうみたいです、反射しちゃった笑」

私 「身体が覚えてるんだね」

そのまま指で触れると、また身体を震わせました。

シュガーダディ

クリトリスを優しく指の腹で撫で回し、そのまま秘部全体をマッサージします。

ぐちょぐちょになってきたところで、指入れしました。

人差し指でピストンしたり、Gスポットを押してみます。

すると、「指2本にしてください」とみかが言いました。

エッチな子ですね~。

1本では物足りないようです。

リクエスト通り、指2本で責めます。

少しきつめの感触でしたが、みかはたまらなそうな表情をしてます。

この圧迫感が気持ちよいのでしょう(^^)

次は攻守交代です。

みかは私のパンツを脱がせてくれ、フェラを始める素振りを見せてくれました。

私 「舐めてくれるの?」

み 「舐めてほしそうな顔してるもん」

私 「うん笑、でも苦くない?」

み 「苦いです」

そう言いつつも、優しくフェラをしてくれました。

テクニックよりその心遣いで興奮してしまいます。

お礼を言って、本番に移るためにゴムを装着しました。

シュガーダディ

この日は正常位から始めました。

挿入する前に、性器と性器を擦り合わせて気分を高めます。

まだ挿入せずに少しクンニしてあげました。

そして再び性器同士を擦り合わせてると、

「今日は焦らしてきますね」と少し不満そうにいうので、挿入開始します。

私は前戯が好きなのですが、みかは早く挿れてほしい質です。

最近は少し前戯が疎かになってたなと思ったので、この日は時間をかけてゆっくりやっていたのですが、みかは我慢できなかったようです笑

本番はたぶん15分くらいかけてしました。

途中、私の手が空いていると、みかは胸を触らせようと誘導します。

騎乗位でもバックでも胸を揉んであげました。

だいぶみかの好きなエッチのスタイルがわかってきた思います。

射精した瞬間はみかもかなり感じるらしく、びくびくと身体を震わせます。

それがまたこちらを興奮させてくれますね。

やっぱりエッチな子とするセックスは愉しいです。

帰りはまた待ち合わせ場所まで送って解散しました。

シュガーダディ