かれんと初めて会う

かれん26歳。

私をお気に入りにしてくれたことがきっかけです。

顔写真は公開されていて、顔立ちはそこそこながら明るい印象を持ちました。

シュガダを始めて2ヶ月というところで、すでに5人くらいと会っているとのことでした。

ただ、条件が折り合わないのか、リピートはまだないそうです。

それくらいの情報のやり取りをしたところで、かれんの方から顔合わせしたいと申し出がありました。

条件0.5でOKでしたので、日程調整に進み、日曜日の14時にカフェで会うことにしました。

シュガーダディ

そして当日の朝、かれんからメッセージが来ました。

「おはようございます(絵文字) 今日はよろしくお願いします(絵文字)」

しっかりした女性だなと思いました。

こちらから約束の確認をすることはよくありますが、女性からはあまりありません。

「おはようございます。こちらこそよろしくお願いします。服装など後ほど連絡しますね」

と返信しました。

待ち合わせ時刻の1時間前に、こちらの服装について連絡しました。

すぐにかれんから返信が来ました。

かれんの服装はミニスカートにニーハイブーツだそうです。

比較的大人しそうな印象をもっていたので、ちょっと意外な感じでした。

シュガーダディ

待ち合わせ時刻の5分前に、かれんから「着きました」と連絡が入ります。

「すぐに着きます」と返信してカフェに向かいます。

待ち合わせ場所に到着し、服装からかれんだとすぐにわかりました。

第一印象ですが、顔は写真の通りです。

服装はやはりセクシーですね。

人の目を惹きます。

シュガーダディ

挨拶を軽くして、カフェに入ろうとしましたがあいにくほぼ満席でした。

しかたがないので、他の店を探すために2人で歩き出します。

事前のやりとりではそんなに情報交換していなかったので、どこに住んでいるのか、どんな仕事をしているのかについて話しました。

かれんと私の住んでいるところは少し離れていることがわかり、移動が負担になりそうだなと思いました。

でも、休みの日が一致しているので時間さえあれば会えそうな気もしました。

何よりミニスカが魅惑的で、ぜひ定期的に会える仲になりたいと思いました。

別のカフェに着き、店内を見回したところ、いくつか空席があったのでこのカフェに入ることに決めました。

私はアイスコーヒー、かれんはカフェラテを注文しました。

席に着き、改めて挨拶をし、パパ活状況について訊ねました。

かれんはお金に困っているというよりは、いろんな人の人生経験を聞きたいという感じでした。

かれんは海外で働いていた経験があり、積極的な行動姿勢が垣間見えます。

自分の経験だけでなく、他者の経験を通じていろんなことを学びたいようです。

向上心があって、こちらが元気づけられました。

シュガーダディ

ちなみに彼氏と別れたのと同時にシュガーダディを始めたそうです。

人生経験豊富なかれんにとっては、同じく経験豊富な男性が魅力的に見えるのでしょう。

それまでの彼氏では物足りなくなってしまったということでした。

そんなかれんの生き方を知って、のらりくらりと生活してる私では力不足だなと率直に思いました。

私の方がかれんから学ぶことの方が多いくらいです。

人生哲学に加えて、ミニスカも魅力的ですが、関係を維持するのは厳しそうです。

店を出て、顔合わせのお礼を渡しました。

一応、大人の関係について話を切り出してみました。

私 「初対面でこんなこと訊くのもあれですけど、大人の関係は考えていたりしますか?」

か 「はい、大丈夫ですよ!私はその辺あまり抵抗ない方です」

私 「そうなんですね!条件とかの希望はありますか?」

か 「ん~最低3はいただきたいですね」

私 「ごめんなさい、3は出せないです」

か 「わかりました。また機会あればお願いします」

私 「今日はどうもありがとうございました」

こんな感じであっさりと交渉決裂しました。

きっとベッドの上では情熱的に振る舞ってくれるんだろうなと妄想をしつつ、帰途につきました。

シュガーダディ