みゆきと会う(3回目)その1

みゆきと初めて会う
みゆきと会う(2回目)その1
みゆきと会う(2回目)その2

みゆき23歳。

元風俗嬢。

前回と同じくホテル現地集合、現地解散です。

デリヘルを利用してる感覚に近いですね。

私が先に駐車場に着き、10分ほどでみゆきも着いたとLINEが入りました。

み 「ついたよー」

私 「りょうかい!」

み 「フロントいくねー」

私 「おれもいく」

この日はあいにく満室でした。

とりあえずフロントに電話をかけると、10分ほどで清掃が終わるという話だったので、待つことにしました。

待っている間に、コスプレの貸し出し衣装を2人で選びました。

チャイナドレスやナース、制服など一通り揃っている中で、気になるものがありました。

グレーのセーターです。

いわゆる童貞を殺すセーターです。

私 「これ着たことある?」

み 「ないない!」

私 「おれも着てもらったことない!」

み 「かわいいよねー」

私 「うん、これにしよう!」

み 「うん!」

その衣装を持って、エレベーターに乗り込みます。

私 「ちゃんとTバック穿いてきた?」

み 「うん、昨日LINEしてくれなかったら忘れてた」

私 「よかった!これ(童貞を殺すセーター)に絶対合うよ」

部屋に入り、まずはドリンクを注文しました。

ドリンクを注文している間に、みゆきはバスルームでお湯を入れてくれました。

このあたりの手際の良さは、さすが元プロですね。

みゆきの彼氏の話などをしながらドリンクが来るのを待ちました。

しかし、15分か20分待ってもドリンクは来ません。

満室で混んでるから遅れているのでしょう。

私がしびれを切らして、「これ着てみよっか」と言って童貞を殺すセーターを着てもらいました。

着替えている間にようやくドリンクが到着しました。

バスルームで着替えたみゆきが出てきました。

み 「これかわいい!」

私 「うん、かわいいね!よく似合ってる!」

実際、よく似合ってました。

正面から見ると、ノースリーブのワンピースのようですが、横から見ると横乳がちらりと見えてセクシーです。

さらに後ろは背中の部分がぱっくりと空いています。

脱毛済みのキレイな背中に悩殺されます。

ベッドに四つん這いになってもらい、写真を撮りました。

写真を撮るのも快く受け入れてくれました。

み 「写真?いいよー!男の人そーゆーの好きだよね」

ここでみゆきの白のTバックを初めて見ました。

エロいです。

お尻が大きいのでTバックが映えます。

腰を低くしてお尻を持ち上げると、エロさはさら強調されます。

お尻はすっかり出て、Tバックの食い込みがよく見えます。

今にも後ろから犯したくなるような衝動に駆られます。

私の尻フェチの欲求を十分すぎるほど満たしてくれました。

次に続きます。