みゆきと会う(5回目)

みゆきと初めて会う
みゆきと会う(2回目)その1
みゆきと会う(2回目)その2
みゆきと会う(3回目)その1
みゆきと会う(3回目)その2
みゆきと会う(4回目)

みゆき23歳。元風俗嬢。

生中出しOKの子です。

今回もそうでした。

一応、訊ねてみました。

私 「今日も生で大丈夫?」

み 「大丈夫だよ~」

私 「ピルを飲むのはエッチするため?」

み 「それもあるけど、ニキビ対策なの」

私 「なるほど~毎日飲んでるの?」

み 「21日間だね」

私 「じゃあ毎月病院に行ってる?」

み 「ううん。3ヶ月に1回だよ」

私 「それならそんなに面倒ではないね」

私にあまり知識はないですが、みゆきはちゃんと自分の身体をコントロールしているようです。

シュガーダディ

この日はスケスケのセーラー服のコスプレをしてもらい、超ミニスカートの下にはTバックも穿いてもらいました。

前戯のときに丹念にクンニしていたら、みゆきがブルブルっと痙攣してイってました。

それを見たら挿入したくなり、今回はフェラなしで挿入を開始しました。

Tバックをずらし、ゆっくりと挿入します。

先端だけ挿れて、静止し、いったん抜いて、また少しだけ深く挿入します。

それを繰り返しながら、奥へ奥へと進んでいきました。

やはり直に伝わる感触、体温に心地よさを感じます。

ピストンはゆっくりめで、久しぶりのセックスを深く味わいます。

私は2回戦はほとんどできないで、たった1回の射精を最大限に愉しみたいのです。

いくつかの体位を経て、最後は正常位に戻りました。

絶頂を迎えるために激しく突き始めます。

私とみゆきの息づかいが乱れてきました。

快感のゲージが少しずつ貯まり、射精が近づいているのを感じました。

私 「そろそろイキそう」

み 「うん」

私 「中に出していい?」

み 「いいよ、中に出して!」

こんなやり取りに、より一層の興奮を覚えます。

まるでAVかエロ漫画のようです。数秒後、

私 「うっ・・イく!」

ピストンを止め、みゆきの一番奥で溜まったものを掃き出します。

脳が痺れるような快感を感じました。

何度も脈打って出し切った後、ゆっくりと引き抜きます。

シュガーダディ

シーツを汚したくないので素早くティッシュを3枚取り、どろっと出てきた白い液体を拭き取ります。

そしてまた新たに3枚のティッシュを取り、指で少し掻きだしてもう一度拭き取りました。

最低限の後始末をしたところで、ベッドに横になりました。

賢者タイムであり、身体を休めます。

どんな会話をしたかは忘れました。

ほとんど喋らなかったかもしれません。

みゆきの肉付きのよいお尻を撫でて余韻を味わっていました。

その後はまた一緒にお風呂に入り、マッサージをしてあげました。

会計を済ませ、ホテルを出たところで解散しました。

また1ヶ月後に会う約束をしました。

シュガーダディ